WOODS画像




自然と共に、森と共に、そしてWOODS と共に生きていこうというメッセージです。
美しく厳しいカナダの自然で働く人々をサポートしながら、カナダの歴史と共に130 年間歩んできた WOODS が、2018 年、日本で再デビューします。
自然と部屋の境界線をなくす、現代の生活にマッチした感性豊かなアウトドアスタイルを提案します。
    





1885年にカナダ・オタワで誕生。130年以上の歴史を誇るアウトドアブランドです。
1911年12月14日、人類で初めて南極点に到達した冒険家アムンゼンをはじめ、北極点やエベレスト登頂等、歴史に残る多くの探検をサポートし成功に導きました。
かのアーネスト・ヘミングウェイもWOODS を愛した一人です。







【1885】 カナダ、オタワにてジェームス・W・ウッズによりWoods Canada LTD 創業。
オタワ周辺の木材伐採業者へのテント、シュラフ、ウェアなどの生活必需品の販売をはじめる。
カナダ太平洋鉄道モントリオール・バンクーバー間開通。西海岸への WOODS 製品の販売進出。
【1896】 ユーコン準州で金鉱発見。
ゴールドラッシュによるユーザー増加でカナダを代表する総合アウトドアブランドに成長。
【1903】 ノルウェーの冒険家ロアルド・アムンゼンのチーフスポンサーとして極地探検をサポート。
【1911】 アムンゼン探検隊人類ではじめて南極点に到達。
【1925】 カナダ隊のマウント・ローガン遠征を皮切りに当時の世界的冒険家を数多くサポートし始め、プロ用ギアとしてのWOODS ブランドを確立。
【1940】 アメリカの文豪アーネスト・ヘミングウェイはアウトドア愛好家で、WOODS 製品の熱狂的なファンでもあった。「誰がために鐘は鳴る」の中でWOODS 製品が情景として書かれている。
【1976】 Woods Canada LTD と高島株式会社で輸入総合代理店契約。
雑誌「POPEYE」「HOT-DOG PRESS」「Be-Pal」等でWOODS ブランド極寒仕様ダウンジャケット、アークティックジャケットが紹介され、ノースフェイス、ウールリッチと並び大人気となる。スポーツ専門店、山岳用品店、SHIPS の前身ミウラ&サンズなどに若者たちがこぞって買い求めた。本格的アウトドアのタウンファッション化の傾向はこれ以降現在まで続く。
【1979】 オンタリオ・ヒマラヤ遠征隊によりWOODS 製品初のヒマラヤ挑戦。
【1982】 カナダ・エベレスト登頂隊がWOODS 製品の装備でエベレスト登頂成功。
これにより南北極地、世界最高峰すべてを制覇するという快挙を達成。
【1990】 Woods Canada LTD 廃業により、WOODS 商標権をアジア圏については高島株式会社、アジア圏以外のカナダを始めとした世界についてはカナダ企業THE INFINITY SPORTS に売却。
以降はライセンス展開となる。国内ライセンス商品は、デイパックが大ヒットする。新宿伊勢丹での子供服展開も好評であった。
【2014】 THE INFINITY SPORTS がWOODS 商標権をカナダ企業CANADIAN TIRE CORP に売却。
カナダ、北米向けに最新の機能素材を生かしたテクノロジーラインと伝統的なヘリテイジラインの2方向で商品企画スタート。
日本では高島株式会社と株式会社ドウシシャ間でウェア、バッグ、シューズのライセンス契約を締結。ギルドプライム等のセレクトショップからカジュアルショップまで売場展開。
【2017】 高島株式会社と株式会社ドウシシャ間のライセンス契約を終了。
高島株式会社と株式会社寛斎スーパースタジオ間でマスターライセンス契約を締結。
株式会社寛斎スーパースタジオと株式会社山善間でアウトドア用品のサブライセンス契約を締結。
【2018】 株式会社寛斎スーパースタジオとハワード株式会社間でカジュアルウェアのサブライセンス契約を締結。
株式会社寛斎スーパースタジオと有限会社シアーズ間でバッグのサブライセンス契約を締結。




お問い合わせ:ハワード DIVISION 2,tel.03-5728-5858 / トップページへ戻る